2kaisou_main_information

9月25日 第2回イヴニングサロン・リポート

banar_evening
第2回イヴニングサロンは、笈田幹弘氏(株式会社LIXIL)の報告、「住み続けられる住まい、ってどんな住まいだろう?」で始まりました。
住み慣れた家で自分らしく最期を迎えるために、どのような住まいの工夫、外部ケアサービスや福祉用具の利用、家族のサポートなどが行われているのか、行われるべきかを、具体的な事例を基に説明していただきました。
eveningsalon2_2 報告者の笈田幹弘氏。
eveningsalon2_1 教授・研究員・助教や学生など、それぞれの立場から活発な議論が交わされました。
たとえば、「ポータブルトイレも日々技術的に進化してきているが、なお課題もあること」「地域コミュニティによる見回りが重要であるが、その実現は困難であること」「お金をかけてリフォームする方がいいのか、それとも住み替える方がいいのか」「日米事情の比較」等々。
予定の時間をオーバーして、ディスカッションは大いに盛り上がりました。
次回:イヴニング・サロン第3回のテーマは「野菜を食べながら団地の未来を考えよう」
日時  10月9日(木)19時から21時
場所  工学部8号館7階702(ライブラリ)
会費  1000円(アルコール含む軽食を若干用意します)
報告者 IOG特任研究員 西川 亮
詳しくはこちらをご覧下さい