2kaisou_main_program

プログラムコーディネーター

プログラム・コーディネーターからのメッセージ

faculty_member_okata プログラム・コーディネーター
大方 潤一郎
東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻・教授 高齢社会総合研究機構・機構長

世界に先駆け、活力ある超高齢化社会を共創しよう。

「超高齢社会」と聞くと何か暗いイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。
寝たきり老人/徘徊/老老介護/介護で疲れ切った家族/低賃金の介護労働者/福祉の負担にあえぐ若年層。
私たちの未来は、そのとおり暗いものになってしまうかもしれません。 今、何もせず、漠然と時を過ごせばおそらくそうなってしまうでしょう。
しかし、こうした暗い未来は、私たちの力で変えることができるものです。
住みなれた地域社会(コミュニティ)の中で、仲間といっしょに楽しみながら、心身が少々弱ってきても家族や公共や隣人の最小限の助けを借り、使える能力を最大限に活かして、尊厳をもち、かつ快活に人生を全うできる社会。
様々な分野の若い力を結集し、体系的、戦略的に活動を展開すれば、私たちはこのような社会をかならず実現することができるはずです。 また、世界一の高齢化先進国・日本には、世界を先導する社会のモデルを創り出す責務があります。
新しい社会の仕組みと、社会を支える物的・空間的・社会的・制度的インフラを研究開発する過程では、様々なイノベーションとビジネスの芽が生まれ、それを担う新しいリーダーが育ち、日本の経済的国際競争力にもつながっていくことでしょう。
こうした明るい未来を切り拓く若い力が伸び伸びと育つ場を私たちは用意しました。
畑は出来ています。ぜひ、この地に舞い降りて根を張り、芽を伸ばし、高くそびえる樹に育ち、そして、超高齢社会を共創する中心的人材の森のたくましい一員となっていただきたい。私たちはそれを期待しています。